中間管理職はつらいよ ダメ部長の独り言

中間管理職はつらいですよね。悩みが多いのが中間管理職です。ビジネスマンの愚痴から、自己啓発、手帳、ニュースなどについてのひとりごと。

カテゴリ: 超整理手帳・ほぼ日

ここ最近多忙過ぎて、スケジューリングのミスで
仕事関連でダブルブッキングを数回してしまった。

基本的に手帳好きなので、ほぼ日手帳、超整理帳、
フランクリンプランナーなどを多い時には5種類の
手帳を買った年もあります。

今年のメインは、ほぼ日手帳のWEEKS。
ウォレットサイズ 見開き1週間です。

持ち歩きしやすくて、外出先でもスーツの内ポケットに
入れてさくっと取り出す事が出来るので便利でした。

ほぼ日手帳WEEKS








この見開きの左ページにスケジュール、
右ページにメモやちょっとした会議や打合せのメモを
書けるので、通常のほぼ日手帳 文庫本サイズ 1日1ページよりは
いいかなと感じていました。
あっ、文庫本サイズももちろん買ってますが(^^)

ただ、私だけかもしれませんが、ちょうどこの8月超多忙だったので、
巻頭にあるマンスリースケジュールにラフに書き込んでいたので、
ダブルブッキングを2回、来客の失念を1回してしまいました。

また、去年、フランクリンプランナーにメモしていた重要事項を
ほぼ日手帳WEEKSに転記していなかったので、
探すのに時間かかったりちょっとマイナス面も。

フランクリンプランナーであれば毎年メモ部分は残せるので
そういった事はなくなります。

ちなみに今年のフランクリン手帳は、サブ扱いです(^_^;)

フランクリン手帳










こんな感じで、1日1ページを使っています。

これだと厚くならないので便利です。

フランクリンプランナーのいいところは、1日のスケジュール管理
がしやすいのとタスク管理チェック欄が多いので、
多忙時には仕事の漏れがなくなります。

マイナス面は、夏場など持ち運びが不便なのと
ほぼ日も同じですが、マンスリースケジュールの1日分が小さいので
書き込みにくいので、1日に何件もアポが入った場合は、
後から入った場合にダブルブッキングなどやっちゃいました。

ただ、こまめにデイリーページに書き込めば解決できるものですが、
ついつい多忙時は転記漏れしちゃいます。

で、日々のスケジュール、タイムマネジメントだけを考えれば
超整理手帳が便利なんですよね〜。

超整理手帳

超整理手帳をスケジュール管理のメインにしてた時は、
さすがにダブルブッキンなどはなかったです。
まあ、たまたまでしょうけど(笑)

ただ、このマイナス面は、リフィルを入れ替えるのが面倒なのと、
フランクリンプランナーのような、タスク管理の欄がない、
ちょっとした日記的なことが書けないという事かな。

まあ、ほぼ日手帳、フランクリンプランナー、超整理手帳
どれも好きな手帳なので、1年間に気分や仕事の内容によって
メインをどれにするか使い分けています。


そんなこんなで、9月から12月まではフランクリンプランナーを
母艦にしようと思います。

ただ、もう間もなくほぼ日手帳の販売開始となると、
12月ぐらいからほぼ日手帳を使いたくなるんですよね〜。

たぶん、各ビジネス雑誌で手帳特集も今年も出るでしょう。

いやあ、手帳ってほんといいもんですね(笑)

4
今年も残り2ヶ月。

そろそろ、手帳好きの私は、来年はどの手帳にしようか?
と真剣に悩む季節がやって来ました。

と、言っても、超整理手帳とほぼ日手帳はたぶん
買うと思います。

でも、でも、なんか新しい手帳が欲しい(笑)

会社の机の引き出しには、全く使わなくなった
A4のシステム手帳。

さらに、普通サイズのシステム手帳もあります。

あと、頂きものなど可哀想な手帳が、数個あります。

やはり、1年が終わりに近づくと来年こそは
もっといい1年にしたいと手帳に希望を求めていまうんでしょうね。

私のような手帳マニアの方って多いと思います。

今、悩んでいるのが、フランクリン・プランナー。

『手帳で目標を手に入れるフランクリン・プランナー活用ガイド』など
書店で立ち読みすると、どーしても欲しくなります。

あと、去年悩んだのが夢手帳パック
ワタミの社長の例のやつです。

でも結局、普通のノートが一番安くていいのは
分かっているのですが、なんか手帳に夢や、希望を求める私ってアホ?

そろそろ、2009年の手帳の話題が出始めてますね。

ほぼ日手帳と、超整理手帳ユーザーの私は、
来年も、この二つになると思います。

しかしこの夏は暑かったので
超整理手帳をスーツの内ポケットに入れて
おくのは邪魔でした。

でも、ほぼ日手帳と違って、すぐ取り出せて
すぐメモできるので、手放せませんでした。

超整理手帳の中に、色々なものをはさんで
いたので、どうしてもやや分厚くなって
しまうので自業自得ですけどね。

リフィルなど簡素なものにすれば
薄く使えるのでそういった使用方法を
ちょっと考えようと思います。

限定数!口コミで人気♪送料無料【Tcherkess(チェルケス)】超整理手帳<カバー&リフィル>
限定数!口コミで人気♪送料無料【Tcherkess(チェルケス)】超整理手帳<カバー&リフィル>

4
2008年もほぼ日手帳と超整理手帳の兼用となりました。

これまでと違うのは、人事異動で営業職に変わったので、
手帳の使い方がこれまで以上に大事になってきました。

まず超整理手帳が今まで以上に有効に使えています。

ほぼ毎日アポなどのスケジュールが数多く入るため、
スケジュール管理が今まで以上に大切に
なっていまして、超整理手帳は
スーツの内ポケットに常に携帯してします。

ちょっとしてメモやスケジュール管理、
A4の書類を折り込めるので、名刺交換した人の
氏名と会社名、部署名を超整理手帳の公式リフィルに
入れて持ちあるいています。

結構便利です。

ただ、スーツの上着は、内ポケットに超整理手帳。
外ポケットに携帯。シャツには、タバコを入れるので
かなり膨らむのがたまに傷です。

あと冬の今はいいですが、夏場の超整理手帳を
どこに携帯するかがちょっと悩みの種です。

ほぼ日手帳も有効に使えています。

ほぼ日手帳の使い方は後日UPします。

4
ほぼ日手帳と超整理手帳

私は去年から、ほぼ日手帳と超整理手帳を併用していました。

といっても、内勤系の仕事だったので
あまり活用はしていなかったなあ。

ところが、今月から人事異動で外勤営業系の仕事に
なって様子は一変。

忙しければ、忙しい人ほど、超整理手帳とほぼ日手帳は
活用法がある事が分かりました。

スケジュール管理は超整理手帳。
内勤時代と変わって、1日に人と会う機会が
増えたのが、タイムマネジメントの超整理手帳は
本当に便利です。
以前とは違い、手帳への書き込みがかなり増えました。

また、公式ページからのリフィルが本当に便利。
挨拶回りをしたお得意さんの会社名、部署、氏名を
A4にプリントアウトして超整理手帳にはさんで
使っています。

これはほんと便利。

ほぼ日手帳は、1日にあったことを日記風メモと
して使っています。

会った人の名前や愚痴、アイデア、これも
毎日色々書くことがあります。

来年も、ほぼ日手帳と超整理手帳の両方を
使いこなすかな。

不動産投資

4
ほぼ日手帳は今年はもう買うの辞めようかな〜と
思っていました。

というのも、ほぼ日手帳をぺらぺら読み返していると
1月から3月ぐらいまでは、色々書いているのですが、
4月以降はほとんど真っ白。

ほぼ日手帳がかわいそうになるぐらいでした(笑)

でもうひとつ愛用している超整理手帳が
結構使い勝手がよくて、超整理手帳だけで来年は
いいかな〜と思っていましたが、
人事異動で人生の初の営業になってしまいました。

何もかもはじめてで、分からないことや
愚痴、喜び、気づきなどなど色々出てきまして
ほぼ日手帳に書けば便利という事が分かりました。

で、結局スケジュール管理は超整理手帳。
日々の行動記録や営業日記系は
ほぼ日手帳に書くことにしました(笑)

超整理手帳とほぼ日手帳。

今回も買っちゃいました。

超整理手帳2008は既に届いて、
ほぼ日手帳はまもなく到着です。

使い方などまたUPします〜。

3

基本的に私は、ほぼ日手帳と超整理手帳を併用している。

打ち合わせや会議などにも、必ず二つ持参で行く。

先日、あるクリエイティブ系の仕事の方と

打ち合わせがあった。

いつものように、ほぼ日手帳と超整理手帳を

持参。

先方の手帳をふと見ると、ほぼ日手帳であった。

すかさず「○○さんも、ほぼ日手帳ですね?」

「はい、そうです」

盛り上がると思ったらそれで、話は終わった(^^;

同士を見つけた感じだったので微妙に寂しかった。

たぶん、私が、革カバーで彼が純正のナイロンカバー

だったので、悔しかったのかも?と

勝手に解釈してしまった(笑)

そういえば、うちの会社とか取引先の方で

超整理手帳を持っている人は

いないな〜。

いい手帳なのに。

3
間もなく5月。
新年度になってもう1ヶ月が経過。

今年の1月は、手帳の利用法で色々思案していたが、
新年度はそこまで考えず。
日常の一部となったいる。

超整理手帳とほぼ日手帳の併用であるが、
他の方のHP等を拝見すると、
有効に活用している方と、そうでない方
両極端みたいだ。

いずれにしても、手帳が仕事をできるようにして
くれたり、夢をかなえてくれるのではなく
あくまで自分がなにかしないと
宝の持ち腐れになる。

年初に立てた目標や夢など、再度手帳を
見直して有効に活用しないといけない。

ここ最近、超整理手帳のフォーラムを見ていなかったので、
もう一度見てちょっと仕事にも気合を入れなければ。

ほぼ日手帳と超整理手帳の併用を始めて
約1カ月が経過。

超整理手帳は、去年から使っていて、
自分自身、今年さらに使い方が慣れたせいか、
仕事ではほんと使い勝手がいい。

リフィルが色々あるし、メモノートが会議でも十分使える。

一方、ほぼ日手帳は、あまり活用していない。
わざわざ革のカバーを買う必要がなかったなと
後悔している。
現在、日記代わりにほぼ日手帳を使っているが、
以前も指摘したボールペンホルダーで手帳を
開くのが面倒なので、頻繁に開かなくなった。

なんかもったいない・・・。

今の使い方であれば、超整理手帳の「メモノート」1冊分を
1ヶ月分にして、ほぼ日風に1日1ページにすれば、
ほぼ日風超整理手帳の使い方が出来て
より便利なのではないかと思う。

超整理手帳とほぼ日手帳。

ふと手帳って何だろうと考えた。
たしか昔は、ポケットに入るもので、
簡単に予定やメモができる小さな手帳が主流。

次に、男もかばんやバックを持ち歩くようになって
カッコよさもありシステム手帳がブームになった。
そして、最近、フランクリンや熊谷式のように
夢や目標を書く手帳がブーム。

私の手帳の歴史は、
学生の時は、もらい物の手帳。
就職すると、会社支給のポケットサイズの手帳。
バイブルサイズのシステム手帳。
フランクリンも1年経験。
A4サイズのシステム手帳。
超整理手帳と色々変遷を経て
今年、超整理手帳とほぼ日手帳の併用。

そんな中、手帳はやはり常に携帯するのが
便利というのを再認識している。

年初は、ほぼ日手帳をメインにしようと思っていたが、
仕事で手帳を手軽に持ち歩く必要性が増えたので、
ジャケットのポケットに入る超整理手帳がメイン手帳になった。

ほぼ日は、日記やアイデア帳として使用している。
一日分がたくさん書けるのはやはり魅力。
遊び心もあるので愛着がある。

そこで思った
なんとか、超整理手帳の携帯性でほぼ日手帳の
ような1日日記。フランクリン風はできないものかと。

フランクリン風は以前取り上げたがなんとか
出来ている。
次は、ほぼ日風超整理手帳ができないか
模索中。
アイデアはあるのだが、誰か作ってくれないかな。

ちょっと具体的イメージが出来たら、UPしようと思う。

このページのトップヘ