中間管理職はつらいよ ダメ部長の独り言

中間管理職はつらいですよね。悩みが多いのが中間管理職です。ビジネスマンの愚痴から、自己啓発、手帳、ニュースなどについてのひとりごと。

カテゴリ: 書籍・雑誌

4
高屋奈月の「星は歌う」3巻が今週の新刊として
発売になりますね。

高屋奈月は「フルーツバスケット」作者で、
最新作の「星は歌う」が人気急上昇中なんです。

(コミック)星は歌う(03)/高屋奈月 【2008年09月19日発売予定】

1巻、2巻読みました?

星は歌う(1)
星は歌う(1)

星は歌う(2)
星は歌う(2)

4
フライデー見出しチェック 6月26日号から

フライデーも秋葉原事件の加藤智大容疑者を大々的に
取り上げていますね。

しかしほんと悲惨すぎる事件です。

フライデー見出し

●スザンヌ「天然プリンセス」−メイクルームで魅せた<お姫様>スマイル

●秋葉原を襲った「無差別殺人血の海地獄」全記録−史上最悪の惨劇現場!!

●青森の優等生・加藤智大に潜んでいた!「25歳<劣等転落人生>の軌跡」

●新婚・亀井京子&巨人・林昌範「妊娠6カ月」の現場−ヘルシーディナー

●加護亜依<凱旋帰国>で見せた「左手首のキズ痕」−香港映画撮影を終えて−
映画「カンフーシェフ」

●高級官僚&接待タクシー仰天サービス中身−ホステス同乗車などやりたい放題

●鼠先輩が赤面告白「岡山時代&恥バイト過去」−「六本木」がジェロ超えて−
鼠先輩、「六本木〜GIROPPON〜」

●超個性派俳優・荒川良々「aiko似美女と真剣通い愛」撮った

●密着撮・上地雄輔「<チョイ悪>高校球児」熱演中のオフ素顔−ドラマで

●「妄撮」アイドルが魅せた「ドッキリスケ美体」−煩悩ワールド大公開
川村ゆきえ、磯山さやか、安藤沙耶香、小泉麻耶、谷村美月

●鎌田奈津美「恋ビキニ」−<なっちゃん>のスウィート・ショットをお届け!

●南明奈「ビキニ・最前線」−元気娘が魅せたスリリングな瞬間!

●みひろ「暴走モードヌード」−ネットで話題の「エヴァンみひろン」現るッ!

●亀田三兄弟「メキシコ<根無し草>生活」現地撮−協会は「見分預かり拒否」

●記録ラッシュ「スピード社水着問題」ドタバタ決着の舞台ウラ

●13歳少女強姦事件「フィギュアスケート56歳コーチの<ウラ素顔>」
酒井康資容疑者

●ゆうこりん「今度こそ(!?)熱愛説を全否定!」
小倉優子、「焼肉小倉優子・大阪西中島南方店」


●「ZARD」坂井泉水が遺した「油絵の才能」秘話−5点の遺作プレイバック

4
「カラマーゾフの兄弟」って東大教授が東大生に読ませたい
小説らしいですね。

日テレのテレビ番組、所さん感動!!あらすじで楽しむ世界名作劇場で
やっていました。

この番組は、名作文学の粗筋と素晴らしさを紹介するもので、
グリム童話「シンデレラ」やスウィフトの「ガリバー旅行記」、
スウィフトの「ガリバー旅行記」、夏目漱石の「坊っちゃん」
森鴎外の「舞姫」などをそれぞれタレントが工夫して
紹介していました。

その中で個人的に面白かったのは、
ケンドーコバヤシが、みのさん風にワイドショーなどで使われる
巨大ボードでドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を
紹介したものです。
これまで読もうと思ったことなかった本ですが、
ちょっと読んでみたくなりました。

全5巻でかなり長編です。

父親フョードル・カラマーゾフは、圧倒的に粗野で精力的、
好色きわまりない男だ。
ミーチャ、イワン、アリョーシャの3人兄弟が家に戻り、
その父親とともに妖艶な美人をめぐって繰り広げる葛藤。
アリョーシャは、慈愛あふれるゾシマ長老に救いを求めるが…。

っていう殺人事件のストーリーみたいです。

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟,
ちょっと読みたくなる作品でした。

あと、榊原郁恵が紹介したサガンの「悲しみよこんにちは」
も今年読んでみたい本ですね。

こうしてみると、日本の代表作品ほとんど読んでいない・・・。

ちょっと反省です。

子供さんの夏休みの工作
悩んでいる私と同じお父さん多いと思います。
ほんと毎年大変ですよね〜

うちの息子は超不器用なのでイライラします
マニュアル世代なので、既存の本を参考にしてします。
色々、夏休みの工作系の本調べたら
色々ありました。

せっかくなので、UPしますね


やってみよう!夏休みの自由研究 1・2年生―びっくり実験・たのしい工作・ふしぎ観察・なっとく調査 身近なもので面白実験スタート!やってみよう!夏休みの自由研究 1・2年生―びっくり実験・たのしい工作・ふしぎ観察・なっとく調査 身近なもので面白実験スタート!

成美堂出版 刊
発売日 2005-05




続きを読む

子供さんの夏休みの工作
悩んでいる私と同じお父さんに。
夏休みの工作関連本です〜

おもしろ自由工作ベスト20―1年から6年生までなが~く使える全学年対応おもしろ自由工作ベスト20―1年から6年生までなが~く使える全学年対応
立花 愛子 /佐々木 伸
主婦と生活社 刊
発売日 2003-07




続きを読む

4
子供さんの夏休みの工作
悩んでいる私と同じお父さんに。
夏休みの工作関連本です〜

リサイクルは今の時代にぴったりかも。

夏休みのリサイクル工作と観察―作ってみよう!見てみよう!夏休みのリサイクル工作と観察―作ってみよう!見てみよう!

成美堂出版 刊
発売日 2002-06




続きを読む

子供さんの夏休みの工作
悩んでいる私と同じお父さんに。
夏休みの工作関連本です〜


つくってみよう!夏休みの自由工作 1・2年生つくってみよう!夏休みの自由工作 1・2年生

成美堂出版 刊
発売日 2001-06




続きを読む

本日、DIME0203号を購入

この号で気になった記事は、
「欲しいケータイ人気ランキングでわかった
”機種変ポイント”決め手はココだ!!”
相変わらずDIMEのこのテの特集はさすが。

特集を読むと各社とも色々な機能を考えている。
打倒ipodで音のいい携帯も多いみたい。

現在、私はN901isだけに機種変のタイミングが
難しい。

今欲しいのは,
FOMA SO902iとウィルコムのW-ZERO3だが、
異常な人気で抽選と記事に出ていたが、
HPを見ると入荷が安定したので、通常販売との事。
今が買いか?

あと気になるのがAUの「neon」
これは1月19日に発表されるらしい。
これは音楽ケータイがコンセプトなので、
人気でるであろう。
デザインもいい。INFOBARやW11Kの深澤直人氏デザイン。
文字がネオンサインのように浮かびあがるらしい。
形は、直方体。

docomoももう少しデザインで頑張って欲しいものだ。

今日コンビ二で、2つの雑誌を衝動買いした。
週刊アスキー」と「THE21」だ。

この二つの雑誌は、たま?に買うぐらいだが
好きな雑誌。

で、何故今日買ったかというと
週刊アスキー12/20号は、
「1億冊突破記念感謝号」と表紙にあったから(笑)
やはりお世話になった雑誌の記念号は
買うのが礼儀でしょう(^^)

380円でかなり分厚い。ボリュームたっぷり。
冒頭の編集人のコラムの一言が気になった。
「あらゆる人が出版社という時代になった・・・」
「検索ボタンをクリックするだけで入る情報を
 誰がわざわざ本屋さんに出かけて・・・云々」
雑誌の編集長がこんなことを書いている。
私は感動した。
今後またコンビ二か書店で週刊アスキーを
見たら私は買う。
おそらく検索ボタンでは手に入らない情報を
この雑誌は買いてくれるだろう。

一方、THE21(2006 01号)を買った理由は、これも表紙のタイトルに反応(^^;
「なぜか目標を達成する人の365日の行動計画」
「”計画倒れ”に終わらないための目標の
 立て方&進め方」
いつもこんな特集に弱く買ってしまうのだ。

この特集で成功しているビジネスマンの
実例を紹介しているが、結局は
「目標を持って」それを「紙か手帳に書く」
そしてそれを期限を設けてモチベーションを
高める。

成功する人は、やはり人がしないことをしているし、
手帳の使い方がうまい。
だから、
夢手帳・熊谷式スターターパック 2006年版
人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー トライアルセット
新・「超」整理手帳2006 黒
ほぼ日手帳の秘密―10万人が使って、10万人がつくる手帳。
などの手帳がブームになるんだろう。

でも、私思うに・・、
結局・・・
自分オリジナルの手帳を考え付く人が
成功するのね!!

ホリエモン手帳とか、三木谷式手帳などが出たら
売れるかも??
いつか私もオリジナルの手帳を出せるような
男になりたいものである。

THE21の話からそれたが、そのほか
よかった記事は・・・
●特集記事、2006年にブレイクする30人
 まあまあ役にたった。
 知らない名前が数人いたので、
 情報不足を痛感した。
●大前研一のコラム ビジネス下克上のすすめ
 この号から新連載スタートのこと。
 元々大前氏好きだったのだが、久々に買った
 雑誌に新連載とは、なんかうれしいものだ。
 数年前まで大前研一通信というものを
 定期購読していたのを思い出した。
 
 今思い出すと、数年前までは日経ビジネス、
 週刊ダイヤモンド、東洋経済、週刊文春、
 週刊新潮にポスト、現代、SPA!、DIMEに
 ダカーポ、日経トレンディなどなど
 色々定期的に購読していたのに、最近は定期的が
 めっきり減っている・・・。
 これもネットのせいなのであろうか?





無料サンプルを試して、ブログにのせるだけ






古本転売で月20万稼ぐ方法をお教えいたします


新米




今日コンビ二で、2つの雑誌を衝動買いした。
週刊アスキー」と「THE21」だ。

この二つの雑誌は、たま?に買うぐらいだが
好きな雑誌。

で、何故今日買ったかというと
週刊アスキー12/20号は、
「1億冊突破記念感謝号」と表紙にあったから(笑)
やはりお世話になった雑誌の記念号は
買うのが礼儀でしょう(^^)

380円でかなり分厚い。ボリュームたっぷり。
冒頭の編集人のコラムの一言が気になった。
「あらゆる人が出版社という時代になった・・・」
「検索ボタンをクリックするだけで入る情報を
 誰がわざわざ本屋さんに出かけて・・・云々」
雑誌の編集長がこんなことを書いている。
私は感動した。
今後またコンビ二か書店で週刊アスキーを
見たら私は買う。
おそらく検索ボタンでは手に入らない情報を
この雑誌は買いてくれるだろう。

一方、THE21(2006 01号)を買った理由は、これも表紙のタイトルに反応(^^;
「なぜか目標を達成する人の365日の行動計画」
「”計画倒れ”に終わらないための目標の
 立て方&進め方」
いつもこんな特集に弱く買ってしまうのだ。

この特集で成功しているビジネスマンの
実例を紹介しているが、結局は
「目標を持って」それを「紙か手帳に書く」
そしてそれを期限を設けてモチベーションを
高める。

成功する人は、やはり人がしないことをしているし、
手帳の使い方がうまい。
だから、
夢手帳・熊谷式スターターパック 2006年版
人生は手帳で変わる フランクリン・プランナー トライアルセット
新・「超」整理手帳2006 黒
ほぼ日手帳の秘密―10万人が使って、10万人がつくる手帳。
などの手帳がブームになるんだろう。

でも、私思うに・・、
結局・・・
自分オリジナルの手帳を考え付く人が
成功するのね!!

ホリエモン手帳とか、三木谷式手帳などが出たら
売れるかも??
いつか私もオリジナルの手帳を出せるような
男になりたいものである。

THE21の話からそれたが、そのほか
よかった記事は・・・
●特集記事、2006年にブレイクする30人
 まあまあ役にたった。
 知らない名前が数人いたので、
 情報不足を痛感した。
●大前研一のコラム ビジネス下克上のすすめ
 この号から新連載スタートのこと。
 元々大前氏好きだったのだが、久々に買った
 雑誌に新連載とは、なんかうれしいものだ。
 数年前まで大前研一通信というものを
 定期購読していたのを思い出した。
 
 今思い出すと、数年前までは日経ビジネス、
 週刊ダイヤモンド、東洋経済、週刊文春、
 週刊新潮にポスト、現代、SPA!、DIMEに
 ダカーポ、日経トレンディなどなど
 色々定期的に購読していたのに、最近は定期的が
 めっきり減っている・・・。
 これもネットのせいなのであろうか?





無料サンプルを試して、ブログにのせるだけ






古本転売で月20万稼ぐ方法をお教えいたします


新米




このページのトップヘ