中間管理職はつらいよ ダメ部長の独り言

中間管理職はつらいですよね。悩みが多いのが中間管理職です。ビジネスマンの愚痴から、自己啓発、手帳、ニュースなどについてのひとりごと。

タグ:倒産

4
松本引越しセンターが民事再生法を適用しましたね。

しかし、アーバンコーポレイションから、リーマンブラザーズ、
AIGなどなど、次から次へのメジャーな
会社が倒産に追い込まれていますね。

いったいどうなるんでしょうか?

松本引越しセンターの負債総額は約50億円とのこと。

スポンサー企業の選定を進めており、営業は継続。
アルバイトを含めた従業員約430人の雇用も継続。

これって本当に倒産?

なんか会社を投げ出して、後はよろしくって
感じですね。

でも、従業員さんはよかったですね。


4
ブログネタ
注目の企業ニュース に参加中!
大型倒産困った問題ですね。

米リーマン・ブラザーズの破綻を受けて、当然ですが
日本法人のリーマン・ブラザーズ証券が、民事再生法の適用を
申請しましたね。

いわゆる倒産です。

帝国データバンクによると、負債総額は持ち株会社を含め
なんと!約3兆9000億円!

平成12年10月の協栄生命保険(負債総額4兆5297億円)に
次ぐ戦後2番目の大型倒産ということです。

しかし、今後経済は大丈夫なんでしょうか?

やっぱり、地道に、モノを作る。モノ売る事会社が
信用できる時代ですかね。

実態のないことで儲けている会社は
今後、どんどん倒産していくのでは?

自分のことは自分で守ることを考えていた方が
無難です。

4
ブログネタ
日本経済 に参加中!
アリコジャパン、テレビCMでもお馴染みの大手保険会社。

そのアリコジャパンは、米保険最大手のAIGに経営危機が表面化し、
日本支社の各生保・損保に問い合わせが相次いでいるそうです。

アリコジャパンのホームページには、アクセスが殺到。
つながらない状態になっていました。

私は、深夜のアクセスだったので普通にアクセスできました。

米ニューヨーク・タイムズ紙が、AIGが格下げされて資本を
引き揚げられた場合、2〜3日しか存続できない可能性があるとも
報じたとの事。

実際、格下げになっているので、本当にやばいかも??

身近で心配している方も多いと思いますが、
アリコでは、「日本支社は、支払い余力の基準を満たしており、
ご心配には及びません」と説明しているということですが、
本当に大丈夫なんでしょうか?

しかし、この金融不安いつまで続くのでしょうね。

4
ブログネタ
米国経済 に参加中!
AIGも破綻、倒産するのでは?という
経営不安説がかなり広まっているみたいですね。

あの米国保険の最大手AIGでも経営不安説。
これは大変です。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスはAIGの
格付けを、2段階引き下げて「A2」。
スタンダード&プアーズも3段階引き下げて「Aマイナス」に。

AIGが破綻したら世界中で大きな景気後退どころか
大きな混乱を招きますね。

日本でも、AIG、アメリカに次ぐ有力市場となってます。

損害保険ではAIU保険とアメリカンホーム保険の2社、
生命保険ではアリコジャパン、AIGスター生命、
AIGエジソン生命の3社の計5社で事業展開。
国内の従業員数は合わせて約2万6000人と
外資系保険では最大規模だ。

従業員数だけでもかなりの問題になりますね。

プルデンシャル生命保険は大丈夫なんでしょうかね?

それも不安です。

4
ブログネタ
米国経済 に参加中!
AIGアメリカン・インターナショナル・グループは
大丈夫ですかね?

リーマンブラザーズの経営破たんを受けて
アメリカは大騒動です。

週明け15日午前のニューヨーク株式市場は、
証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻で
金融市場が混乱。

他の金融機関に経営危機が広がるとの懸念から急落して始まり、
ダウ工業株30種平均は寄りつき直後に300ポイント下落。

日本の株価も明日急落するんでしょうね。

他の金融機関も日本でもおなじみの会社が
出ています。

米証券大手メリルリンチは連鎖破綻を回避するため
米大手銀バンク・オブ・アメリカによる買収で合意。

米保険最大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は、
資本不足懸念が浮上し、売りが広がっているそうです。

AIGが経営破たんしたら、これはかなり大変な事に
なりますね。

う〜ん、今後の日本経済どうなるんだろう?

このページのトップヘ