中間管理職はつらいよ ダメ部長の独り言

中間管理職はつらいですよね。悩みが多いのが中間管理職です。ビジネスマンの愚痴から、自己啓発、手帳、ニュースなどについてのひとりごと。

タグ:日大

NEWS23やZEROなど夜のニュース番組でも
日大アメフト、反則問題引き続き大きく取り上げていますな。

記者会見テレビで見ましたが、内田前監督は
前回の空港での取材時と違ってかなり神妙な面持ちでしたね。

さすがにここまでマスコミパッシング受けるとは思って
いなかったんでしょうね。

井上コーチも言葉を選びながら話していましたが、
なんかすっきりしない感じを受けました。

たぶん、明日も朝からワイドショーでまた大きく取り上げるでしょう。

特ダネの小倉さんのコメントとテレ朝のあの感じの悪いコメンテーターの
意見がある意味気になりますがw

井上コーチは「1プレー目で相手のQBをつぶせ」と指示したことは認めましたね。

ただ、怪我をさせよという意味ではなく、
「闘争心を持たせたかった」「いつもと違うプレーをしてほしかった」とのこと。

「負傷させることが目的ではなかった」との見解を繰り返してましたが、
まあ、それが本心のような気もしますが、どうなんでしょう?

内田前監督はあの激しいタックルについて、試合当日は「見ていない」との
事でした。これもそうでしょうね。
プレイとは関係ない場所で反則でしたからね。

井上コーチは見ていたものの、「プレーを続けさせたかった」ということでした。

結局、内田前監督は謹慎、常務理事の職停止。
井上コーチは辞任の意向。

なんか大学のスポーツの問題なのに、どんどん事が大きくなって
凶悪犯並みの報道合戦には少々うんざりって感じもします。

そういえば、TOKIOの山口メンバーの話題はこれですっかり忘れられる状況かも。

アメリカンフットボールの関学選手への反則で
連日、テレビのワイドショーなどで話題になっている
日大アメフト問題。

毎日あの反則のシーンの動画を見ているとなんとも
言えない気持ちになってました。

日大アメフット部の内田正人監督の態度もいろいろ
問題になっていますが、もう少しちゃんと対応すれば
よかったかと思います。

内田監督が、反則タックルをするよう本当に指示をしたのか、
実はしていないのか気になっていましたが、
ついに加害者選手の日大の宮川くんが顔出しで記者会見しましたね。

まだ20歳なのに、凶悪犯をみるような感じでの記者会見、
なんか宮川くんがかわいそうに見えました。

中間管理職の私から見ると、会社だと上司に無理やり
不正をやれと言われ、責任を押し付けられた部下って感じかと。

その上司は、自分が指示した事を隠そうとしている。

部下はさすがに我慢の限界。

ついに顔出しで、真実を公表。

かなり勇気が言ったことだと思います。

しかし、ここまで追い込む必要があるのかなと思いますね。

監督に、反則をせよ!と言われて、断らなかったのは
宮川くんはいけないと思いますが、組織の長に言われると
断れないのが旧日本軍から我が国の悪しき因習のような
気がする。

しばらく世の中は、宮川くんに注視すると思いますが、
いずれ人は忘れて行きます。

彼のような人材は社会に出て約に立つ組織もある気がします。

少なくともうちの部署では彼のようなタイプは
ちゃんと仕事を仕込んでみたい気にさせます。

まだ若いので、ちゃんと被害者に心から詫びて
新しい人生を歩んで欲しいものです。

しかし、あれだけ多くのマスコミに囲まれて質問を
浴びせられるとかなりメンタルやられるのでは?

心配になってきます。

このページのトップヘ