めちゃイケがついに最終回を迎えましたね。

ちょうどTBSのオールスター感謝祭をしていたので、
赤坂のマラソンやアーチェリーの時は、TBSを
見ていましたが、最後の岡村の結婚式テイストで
メンバーの挨拶はうかつにも感動しました。

白鳥が高校時代?イジメらていて、学校で笑うと
「あんたが何笑ってるん?」とひどい事言われて
笑うのをもう辞めた。

そんな私がめちゃイケで救われたという話。

「めちゃイケが色々言われているのは周知の事実です、
 でも、めちゃイケに救われた人間がここにいます」

いやあ感動しました。
自分の言葉で言っていました。

しかし、ひどいイジメからよく復活したことにも
敬意を表します。

あとは、濱口の挨拶も良かったな。
今後裏番組なっても正々堂々と戦おうという
話も良かった。

加藤の、極楽とんぼ相方の、山本を地上波で使う
番組がなかなかない中、
「最後のテレビに山本さんを出してくれて、
テレビ局の上の方と戦って出して頂いて
有難うございます」などと本当に神妙な顔で
感謝する言葉も重みがあったな。

でも、やはり岡村の挨拶はかなり感動したな〜。

病気からTVに戻れる思わなかった。

お台場に行くのが決して楽しくなかった。
辛かった・・・

終わるのがほんと残念・・・

最後には、 「めちゃイケは、僕の青春でした!」

これには、思わずウルウルした人も多かったでしょうね。

最後の、さんまのパーデンネンは我々世代には懐かしかったな。

なんにせよ、始まりがあれば終わりがあるます。

ただ、最後まで三中は出なかった。

厳しい現実が・・・。

私達、サラリーマンもいろいろあるのでがんばりましょう。